行政書士は他士業とはどう違うのか?

日本の法律界を大きく分けると

日本法に関する助言を行うことのできる、日本法を取り扱う法律家(行政書士、弁護士、司法書士など)

及び

外国法に関する助言を行うことのできる、外国法を取り扱う法律家(外国法事務弁護士、省略して「外弁」という)

ということになると考えられます。

当所では、行政書士事務所として、日本法を取り扱い、日本法に関して依頼者様を支援することができます

弁護士に次ぎ、行政書士は多岐にわたる法的支援を提供できる士業になっています。万が一、法律上一定の支援を行いかねる場合であっても、必要に応じ、他の法律家と提携しながら対応させて頂けます。

行政書士は外国法事務弁護士ではなく、また、外国法に関する助言は行いません。